日付
・履歴書を書いた日を記入します(提出直前の日付)。
・郵送する場合は、ポストに投函する日付を記入します。
・持参する場合は、当日の日付を記入します。

写真
・必ず貼って下さい。(スナップ写真は避けましょう。)
・服装はフォーマルで、3ヶ月以内に撮影した証明写真を使用します。
・髪形や表情、メイクにも注意する。(清潔なイメージが好まれます)
・写真がはがれて分からなくならないように、写真の裏には必ず、名前等を記入します。

 
氏名・印
・「フリガナ」ならカタカナで、「ふりがな」なら平仮名で記入します。
・枠とのバランスを考えて丁寧に記入します。
・印鑑はかすれなく、まっすぐきれいに押します。
 
現住所・連絡先・電話
・省略せずに都道府県から、建物の名称や部屋の番号、「○○方」まで詳しく正確に記入します。
・ふりがなは漢字の部分だけで構いません。
・電話番号は自宅か、直通か、留守番電話の有無等わかるよう記入します。

学歴・職歴
・省略せずに記入します。
・学歴の1行名には「学歴」と記入します。
・小中学校は卒業年度のみ記入します。
・学部や学科、専攻名も記入します。
・学歴のあと1行あけて、職歴の1行名には「職歴」と記入します。
・入社した会社を全て記入する(配属先の部課名も記入する)。
・具体的な業務内容も簡潔にまとめて記入します。
・職歴を履歴書だけではアピールしきれない場合は職務経歴書をつけます。
・アピールになるのであれば、長期にわたったアルバイトや(パート)歴も記入します。
・職歴のあとに1行あけて、賞罰を記入する(公的な大会等の入賞を記入)
 (特になければ「賞罰なし」と記入します)
・最後に「以上」と記入します。
・「入社・退職」以外の書き方は
  公務員→「奉職・退職」
  病院等→「勤務・退職」
  自営 →「開業・閉鎖」、「設立・解散(整理)」です。

免許・資格
・応募先の会社や職種に関係なく、持っている資格は全て取得年順に記入します。
 (ただし脈絡なく羅列しすぎるとかえって逆効果になる)
・名称は正確なものを記入します。
・取得を目指して勉強中のものがあればその旨を添えて記入します。
 
特技・趣味・得意科目等
・趣味は「読書」「音楽鑑賞」等一般的なものを避けましょう。
・得意科目は科目名だけ書くのではなく、理由を添えます。
 
本人希望欄
・職種や勤務地の希望、志望動機を書くのが一般ss的です。
 (自己PR欄がない履歴書タイプの場合は、自己PRを簡潔にまとめても構いません)
・志望動機は自分の言葉で書きます。
 (経験を踏まえて「将来こんな仕事がしてみたい」…など)
・面接のときに質問されても答えられるように整理しておきましょう。
・応募した動機を具体的に書いても構いません。
・入社したらどんなことをやりたいのか、自分の力をどのように生かしたいのかを明確にしておく。
・「特になし」は避けましょう。

自己PR
・自己PRが有利になるものであれば、別紙に添えても構いません。